HOME | WORKSHOP

ソダ ヒロユキ
実践型ワークショップ

”表現力の拡充を目的とし、感性と技術にこだわります。”

写真撮影にかかわらず、物事を学んでいくには2つのアプローチが必要だと思います。
一つは、ひたすら技術面を反復練習し、体に覚えこませていくアプローチ。
もう一つは、全体を考えてデザイン設計し、必要な技術を組み立てていく、感性面向上のアプローチです。これは、スポーツの基礎練習の繰り返しと試合運び、ビジネスの世界でのローラー営業とマーケティング活動等と同様です。
 
我々は、「感性」×「技術」=「表現力」と捉え、これらの両方のアプローチに対応するポートレート撮影に特化したワークショップを開催しています。

ポートレート撮影ワークショップ(年4回開催)

ポートレート撮影をビジュアルコミュニケーションとして捉え、「伝えたい事」「表現したい事」を追求し、被写体のストーリーを感じる写真を撮影する内容。毎回、テーマを設定して行います。
モデル撮影を通して、ターゲットイメージ(目標とする写真)を作る為に、ライティング、露出設定、構図、ポージング&表情、RAW現像等の技術から適切な要素にアクセスし組み合わせて行き、作品制作のプロセスを経験して行くワークショプです。

 
開催日:2019年1月26日(土)15:00〜17:30

テーマ:”ポートレートを演出する背景とテクスチャーの研究
 

詳細 

 〜ポートレートを演出する背景とテクスチャーの研究 〜

ポートレート写真は背景、人物、レンズ前の3層のレイヤーで構成されています。
 
基本的にライティングとは、被写体である人物に対し、
「照射角度」「範囲」「形」「強さ」「バランス」等を調整するものです。
そして、従来のワークショップのテーマも被写体へのライティングを軸に行ってきました。
 
今回は
「全体のイメージを大きく左右する背景」
そして
「画づくりや演出のアクセントとしてのテクスチャー」
にフォーカスしてみたいと思います。
 
ただただ、ハウツー的に演出をするのでは無く、どのような被写体、どのようなテーマ、どのようなスタイリングの時にどういった写真表現をしていくべきかを研究していきます。
さあ、写真表現の拡充をして行きましょう。


日 時:2019年1月26日(土)15:00〜17:30
場  所:ソーダプラザ Access
参加費:13,000円(税込/モデル料込)    
テーマ:”ポートレートを演出する背景とテクスチャーの研究”
対 象:一眼レフ(ミラーレス可)で撮影をしている方
・作風や表現力を拡充したい方
・ライティング設定のスピードアップを図りたい方
・スタジオライティングを学びたい方
・感性と技術の向上を図りたい方 等
 
*定員になり次第締め切らせていただきます。


《ポイント》

ポートレート作品を撮影する時のポイント、ワークフローが体得できる。
イティングを中心に作品の風合いを作る要素を実践的に学べる。
自ら考え画づくりを行い、主体的にワークショッップに参加できる。
・露出 
・画角/構図 
・写真の風合いを作る要素
・ライティング(スタジオ用ストロボ使用)
・ポージング、表情
・RAW現像


《このような方にお勧め / プロアマ不問》

ポートレート写真を極めて行きたい
自分のオリジナルな作風を探している
可愛く、又はカッコよく撮るだけの写真に疑問を感じている
スタジオライティングを中心に表現力の幅を広げたい
クリップオン、アンブレラ、ソフトボックスでの表現だけでは物足りない
ライティングを体系的に学びたい
ライティング設営のスピードアップを図りたい



《このような方々が参加されています》

フリーランスフォトグラファー
◉写真館経営者
◉写真館のカメラマン
◉SNS等でポートレート写真を発表している方
◉Web会社勤務で撮影担当している方
◉写真教室やスクールを主宰している方
◉動画制作会社勤務のカメラマン
◉コスプレ写真を極めたい方
◉写真撮影セミナーを受講するのが好きな方
◉会社で商品やイベントの撮影を任される事が多い方
◉ロケやスナップ中心で、ストロボ撮影の機会が少ない方
◉今は趣味だが、将来的には撮影を職業としたい方


 
   

 
 


 
お問合せは、お電話、又はメールにて承っております。
*お申込みは下記フォームよりお願いいたします。
株式会社ソーダプラザ 東京都文京区小石川2-3-19

関連ブログ
 
 
ソーダプラザwebサイト