HOME | WORKSHOP

ソダ ヒロユキ の実践型ワークショップ
感性と技術をマッチングさせる
「ポートレート撮影ワークショップ」

「作品撮りを通して表現力(感性×技術)を広げよう!

 
写真撮影の基本技術修得ができると、次に求められるのが「表現力」です。
 
基本の撮影技術を修得してからは、「上手い写真」とそうでない写真の違いは感性です。なぜなら、カメラという撮影ツールは物理の世界であり、基本操作や理論が理解でき 、適切に操作すれば、同じものを同じ角度から撮れば誰でも同じ写真が撮れます。何をどの様なストーリーやイメージで撮るかに違いが出てきます。
 
また、技術の応用や向上は実践の中で伸ばして行く事が唯一の方法であり、一番効率がいいと考えます。スポーツで言うと、試合をする事によって、課題が分かり、練習の心構えやポイントが理解でき、上達していくのと同じ感覚です。その繰返しこそが自分の表現力のフレームを拡充していきます。
 
このコースでは設定テーマでポートレート撮影に不可欠な応用技術を実践の中で学んで行きます。画づくり、ライティング、構図、露出設定、レンズ選び、ストロボアクセサリー選び、スタジオ内でのポジショニング、被写体の表情やポージング、RAW現像のパラメータ設定等を撮影現場の中で試行錯誤をしながら感覚的に体得できるプログラム構成をしております。


詳細

日 程:2018年1月27日(土)
時 間:15時00分〜17時30分
場 所:ソーダプラザ
参加費:13,000円(税込/モデル料込)*お支払いに関する詳細はお申込みいただいた方にお伝えします
テーマ: " ライティングで演出する朝と夜 " - 時間の表現方法 -
人 数:8名まで     
対 象:一眼レフで撮影をしている方


《ポイント》

1.ポートレート作品を撮影する時のポイント、ワークフローが体得できる。
2.ライティングを中心に作品の風合いを作る要素を実践的に学べる。
3.自ら考え画づくりを行い、主体的にワークショッップに参加できる。
・露出
・画角/構図
・写真の風合いを作る要素
・ライティング(スタジオ用ストロボ使用)
・ポージング、表情
・RAW現像


《このような方にお勧め / プロアマ不問》

・ポートレート写真を極めて行きたい方
・自分のオリジナルな作風を探している方
・可愛く、又はカッコよく撮るだけのポートレートに疑問を感じている方
・スタジオライティングを中心に表現力の幅を広げたい方
・クリップオン、アンブレラ、ソフトボックスでの写真表現だけでは物足りない方
・ライティングを体系的に学びたい方
・ライティング セッティングのスピードアップを図りたい方


  
  
   

 
 


関連ブログ
ソーダプラザwebサイト